目の疲れ 解消

MENU

放置は危険!目の疲れを効果的に解消する方法とは?

目の疲れ 画像

パソコン・テレビ・スマホなどを使用する機会の多い現代、
目に知らず知らずのうちに負担をかけている人は
多くいらっしゃいます。

 

目が疲れている事を自覚していたとしても、
「毎日だから仕方ない」「いつものこと」
と安易に考え放置したままの人も多いのが現状です。

 

しかし、目の疲れというものは目のトラブルや眼病を引き起こすだけでなく、
最悪の場合は全身のトラブルを引き起こしてしまう可能性もありますので、
早めにしっかり解消しておく事が大切です。

 

 

目の疲れを引き起こす原因

 

目の疲れを引き起こす原因とは、目への負担・酷使・乾きが
原因とされています。

 

 

具体的に例をあげるなら、下記の項目が原因となりやすいものです。

 

長時間パソコンやスマホ、テレビを見続ける
メガネやコンタクトレンズの使用
視力にあっていないメガネやコンタクトレンズを使用している
細かい字の本を読む、細かな作業を頻繁にする
加齢が原因で老眼の症状が始まった

 

 

目の疲れから引き起こされる可能性のあるトラブル

 

眼精疲労(視界のかすみ・ぼやけ・ゆがみ・目の充血など)に始まり、
頭痛・肩こり・吐き気・倦怠感・めまいなど、全身のバランスを崩し
疲労感を慢性的に感じるようになることもあります。

 

 

効果的に疲れ目解消する方法

 

目の疲れを解消し、眼精疲労などトラブルを予防するためには、
日頃の心がけ&生活習慣の見直しが大切です。

 

 

仕事や趣味の合間に休憩をこまめに取る

パソコンなどを使ったり細かい手作業を長時間おこなう時は、
1時間行ったら5分程度は休憩し、パソコンや手元から視線を外して
目をしっかりと休めましょう。

 

遠くを見て、目の筋肉の緊張をゆるめることもおすすめです。

 

目や周辺を温める

ホットアイマスクやホットタオルなど、調度良い温かさのものを
目元に当てて、じんわり目の周辺をあたためることで疲労回復ができます。
血流を促進し、疲労物質を流してくれるんですね。

 

目の乾燥を予防する

人は集中している時、どうしてもまばたきが減ってしまい、
目が乾きやすくなってしまいますので、意識的になるべく目を閉じたり、
目薬を活用しましょう。

 

睡眠をしっかりとる

目の健康の為には、体もしっかりと休ませることがとても重要です。
睡眠をとることで目が閉じられ、周辺の筋肉がゆるみリラックスできます。

 

熟睡し深い眠りに付くほど黒目が上に上がり光を感じずらくなり、
より深く目が休まるので、最低6時間以上眠ることが理想です。

 

視力検査を定期的にする

メガネやコンタクトレンズを愛用している方は特に行いましょう。
また、40歳以上の老眼が心配な年齢の方も、なるべく定期的に眼科で
視力検査をうけましょう。

 

自分の視力に合ったメガネやコンタクトを使用することが
目にとって重要です。

 

目の疲れなどに効果的なツボをマッサージする

目の周辺にはツボが多く存在します。
ツボマッサージをすることが効果的な目のケアになります。

 

周辺の筋肉もしっかりほぐれ、血行も良くなって気持ちいいですよ。

 

食事だけでなくサプリメントでも栄養補給

栄養バランスの良い食事を摂ったり、目に良い成分の豊富なサプリメントを
取り入れるのもおすすめです。

 

 

 

目の疲れというのは、「みんなが感じていいる」などと軽く見て侮っては
いけません。疲れを感じたらすぐに目のケアをおこない、悪化させることなく
トラブルを回避するように心がけましょう。

放置は危険!目の疲れを効果的に解消する方法とは?関連ページ

眼精疲労などの目の疲れに効果有り!簡単にできるツボマッサージ
眼精疲労などの目の疲れにおすすめ。自宅で自分でカンタンにできる目の疲れ解消のツボマッサージについてご紹介しています。
目の疲れ解消&予防できるグッズのおすすめを紹介!
目の疲れを予防&解消できるグッズはたくさんあります。より一般的に人気があって、効果も期待できる、おすすめの目の疲れを予防&解消グッズについてご紹介しています。
目の疲れ解消に効果を発揮する食事は?
目の疲れを解消するのに、食事が影響している事をご存知でしたか?こちらの記事では、目の疲れの解消が期待できる食事についてご紹介しています。